学校みたいな風俗店

スタンスを確立出来るようになった

どういったスタンスで風俗で遊ぶのか。それがようやく自分でも分かってきたんですよね。それまでは手探りと言うか、自分でも自分のスタイルがまだまだ確立できていないなって感じていたんです。ふわふわしているというか、そのふわふわ感もそれはそれで楽しいものだなとは思うんですけど、そこから一歩踏み出してと言うか、自分でどういった形で遊ぶのがベストなのかなど、いろいろなことを模索出来るようになって来たんですよね。だから遊んでいても思うんです。風俗って自由だし、どんなスタンスで遊ぶべきなのかが自分でも分かってきたとあって、それなら自分がそこまでプレッシャーを感じるようなこともないよなとか、これが風俗の楽しみ方としては正常と言うか、本当の意味で自由だなとか自分なりに見えてくることも増えてきたんですよ。それもやはり自分がそれだけ風俗に関してレベルアップしているからこそなのかなって思いますし、何気にそれが嬉しいんですよね。

自分もまた、気付かされた

風俗に行って気付かされること、結構あるんですよ。この前もそうでした。自分自身、やっぱり人妻が好きなんだなってことに気付かされました(笑)元々人妻モノを見るのは嫌いではありませんでした。だから人妻に対しては好印象でしたけど、人妻風俗嬢との一戦を通して、やっぱり風俗は人妻がいいなと包容力もあるし、一生懸命頑張ってくれるし。これだけでも指名するだけでの価値があるんじゃないかなって思うんですけど、さらに言えば人妻風俗嬢ってやっぱりそれなりに人生経験もあるってことじゃないですか。だから男のことをよく分かっていますよね。何が良いのかや、男が潜在的に求めているのはどういったことなのかまで、相手はしっかりと把握していたってことですよね。それも含めて、風俗ではやっぱり人妻と楽しむのが一番なのかなって思うようになりましたよ。その方が単純に考えて自分でもやっぱりいろんな気持ちになりますしね。だからこそ、人妻風俗嬢がいいんです。